GALLERIA(ノートPC)について

ゲーム用ノートPC

 
昨年(2015年6月)、ゲーム用のノートPCを購入した。当時、オンラインゲームを出先でもできるようにと「GALLERIA QF960HE Windows 7 モデル」を購入したのだが、昨年末からゲームをやらなくってしまい、ずっと机の上のオブジェクトになっていた。。 GWに家族で旅行に行った際、このノートPCにコンセントを繋いでみると、「電池パックを交換してください」という警告がでているのに気付いた。コンセントから給電している間は使用できるのだが、バッテリーに充電されていないようだったので、ドスパラに問い合わせてみることにした。
 

ドスパラへの問い合わせ

 
ドスパラのお問い合わせフォームより、ノートPCの電池交換(購入)方法について確認メールを送信してみたところ、翌日には登録していたメールアドレスに返信が来ていた。内容としては、「1年以内の保証期間内でございます。弊社で正常に動作する事を確認した代替品のバッテリーについて用意が出来次第、早急に発送させていただきたいと存じます。」という主旨のとても丁寧な返事を頂き、数日後には電池パックが自宅に到着した。保証書や書類の郵送のやりとりがあるのかと思っていたのだが、インターネット購入だったこともあり、こちらが送付した製造番号から購入日と保証期間内であることまで確認して頂いたようだった。
 
これまでドスパラでPCを購入して特に不具合もなかったことと、色々と面倒な手続きがあると思って問い合わせをすることはなかったのだが、いざメールをだしてみると、レスポンスも早くきちんと対応してもらえることが分かった。今後は、何か困ったらまた聞いてみようと思う。

 
スポンサーリンク





「Prime Note Rigel DC2」について

5年前に購入したドスパラノート

 
自分のPCは、ほとんどが「ドスパラ」で購入したものである。その中で、5年ほど前に3~4万円くらいで購入したノートPC(Prime Note Rigel DC2)が押し入れの中で眠っているのを見つけた。当時、なんでも良いのでリビングでの使用を目的に安いノートを探して購入したものだ。その後、他のPCを購入してしまいこんでいたのをすっかり忘れていた。起動してみると普通に立ち上がるのだが、長い間使用しておらず、使用しないファイルやアプリケーションがいっぱいあったことから、今回、初期化することにした。
 

Rigel DC2の初期化

 
本体は見つけたもののリカバリディスクの類が見つからなかったので、ドスパラのサイトで検索してみたところ、「本製品はハードディスクリカバリーを採用しているモデルとなりますので、Windowsのメディアは付属されておりません。」ということだった。
 
Rigel DC2のリカバリー方法について のページに、リカバリーの方法が記載されていたので、記載に従って初期化することにした。概要は以下のとおり。

  1. パソコンの電源を入れ、BIOSのロゴが表示されたときに[F8キー]を断続的に押し、詳細ブートオプションを起動
  2. キーボードの入力方法が表示されたら日本語を選択し[次へ(N)]をクリック
  3. ユーザー選択画面が表示されたらユーザー名を選択し[次へ(N)]をクリック
    • リカバリーを行う為には、一度アカウントが作成されている必要があるとのこと
    • ログインパスワードを設定している場合は、ユーザー名の選択とパスワードを入力
  4. 「回復ツールを選択してください」と表示されたら一番下の[Windows の再インストール]をクリック
  5. 警告文(再インストールを続けるかどうかの確認)が表示されたら[はい(Y)]をクリック
  6. ファイルが展開され、セットアップが開始(セットアップ実行中に再起動有)
  7. リカバリー作業が完了後に通常のセットアップ画面が起動(アカウント等の設定)
  8. デスクトップが表示され、回復メッセージが表示 [リカバリー終了]


特に問題なくリカバリーが終わり、無事初期化することができた。
 

キー入力の不具合

 
初期化が終わったので色々設定していると、キーボードの「¥」と「_」が入力できないことに気付いた。キーボードのドライバを日本語に設定し直して試してみたのだけれど、どうしても入力できない。専用のドライバがあるはず・・・だと思うのだが、これについてはもう少し調べてみたい。

 
スポンサーリンク





eSATAについて

データ用HDDについて

 
PCの記憶メディアとしては、OSを入れているSSDとHDD 2台(うち1台バックアップ)はPCケース内にセットしているのだが、それ以外のデータ保存用のHDDは外付けのケースに収納している。
 
esata_01
 
ウチで使用しているのは4bayのものだが、少し調べてみると、今は5bayのものが販売されているようだった(参考:Amazonでの「裸族の集合住宅」の検索結果)。
 
このHDDケースとの接続にはeSATAとUSB3.0が利用できるので、ウチではeSATA接続で利用している。手元にちょうどUSB3.0のケーブルもあったので、どちらで接続した方が転送速度が速いのか調べてみることにした。
 

eSATAとUSB3.0の転送速度比較

 
転送速度の比較には、最近購入した東芝製のHDD(7200rpm)で「CrystalDiskMark」(参考:窓の杜の紹介ページ) を使用して、1GBのデータで5回測定した。結果は以下のとおり。
 
・USB3.0での測定結果
USB3.0-speed
 
・eSATAでの測定結果
e-sata-speed
 
シングルスレッドによるシーケンシャルRead/Writeの結果を比較すると、ReadでeSATAの方が僅かに速かった(USB3.0の約1.05倍)が、Writeでは両者はほとんど変わらない結果となった。Wikipediaで e-SATAUSB3.0 を見てみると以下のように記載されている。

USB 3.0は、物理的な後方互換性を保ちつつ、最大データ転送速度が5 Gbps(ただし、8ビットのデータが10ビットの信号に変換されて送られるので、実際のデータ転送速度は4 Gbps = 500 MB/sが上限)となった。
 
eSATA (3Gb/s) はUSB 2.0接続の5倍以上の速度で通信可能、eSATA (6Gb/s) はUSB 3.0と同程度。

 
理論値ではe-SATAの方が早いのかもしれないが、データ用に使用しているのがSSDではなくHDDなので、結局、HDDの転送速度で頭打ちしているようだった(インターネット上の様々な条件での測定結果を見ても、HDDでは概ね140~150MB/sが上限)。
 
こうなると好みの問題なのかもしれないが、SATA⇔USBの信号変換をしなくてもよいことに加え、これまで使っていて特に不自由もなかったので、継続して「eSATA」を使用していきたいと思う。

 
スポンサーリンク





3TB-HDDの認識について

3TBを認識しない(2TB以上に拡張できない)

 
先日、2TBのHDDを3TBのHDDへコピーしたのだが、PC側では2TBまでしか認識していなかった。「コンピュータ」を右クリック→「管理」から「ディスクの管理」で当該HDDを確認すると、2TBの領域の他に約1TBの「未割り当ての領域」ができていた。そこで認識している領域を右クリックして「拡張」しよう・・・としたのだが、なぜかボリュームの (「縮小」は表示されるのだが)「拡張」が選択できない状態になっていた。
 

GPTディスクへの変換

 
HDDのデータ領域を拡張できなかった原因は、MBRディスク(2TB以上は取り扱えない)になっていたことが原因だった。Windowsの「管理」ツールでは、ディスクラベル上で右クリックするとMBR⇔GPTディスクへの変換ができるが、ディスクにボリュームが含まれていると変換できない(「GPTディスクに変換」が選択できない)。
 
GPT_01
 
せっかく長時間かけてコピーしたデータ(ボリューム)を消去するのはイヤだったので色々調べてみたところ、「EaseUS Partition Master Free」を使用するとデータを残したままディスクタイプを変更できることが分かった。
 

「EaseUS Partition Master Free」について

 
EaseUS Partition Master Free は、EaseUS のホームページから無料版がダウンロードできる。これをインストールして立ち上げるとディスク情報が表示されるので、「MBR」となっていたディスクをクリックし、左側の「操作」欄にある『MBRをGPTに変換』をクリックするとデータを残したままディスクタイプを変更することができた。
 
EaseUS_01
 

 
スポンサーリンク





HDDのコピー(交換)について

HDDの故障

 
以前、家族のビデオデータや写真などを保存していたHDDを誤ってフォーマットしてしまったことがあり、妻にこっぴどく怒られたことがある(というか、その時は「せっかくの思い出が・・・」と泣かれてしまい、夜中だったのだが大慌てで復旧ソフトをダウンロード購入してみたところ、無事に全てのデータを復旧することができた)。それ以来、ウチでは必ずデータ用のHDDは同じものを2台準備して定期的にバックアップを取ることにしている。
 
先日、2TBのHDDの1つが急にアクセスできなくなったので早速近所のPCショップに見に行ったところ、3TBのHDDが約9000円で販売していた。壊れたHDDと同じ2TBのものを1台購入するのと少し迷ったのだが、結局、この3TBのHDDを2台購入して交換することにした。
 

HDDのコピーについて

 
旧HDDのデータは、玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3で新規購入した2台のHDDへコピーした(参考:楽天市場での「KURO-DACHI/CLONE/U3」の検索結果)。
 
HDD_01
 
使い方は、コピー元のHDDを「HDD1」に、コピー先を「HDD2」のスロットに差し込んで、前面の緑色のボタンを押すだけである。コピーが始まると4つのランプが左右に点滅しながら動き始めるのですぐ分かる。
 
HDD_02
 
時間は正確に測っていなかったのだが、2TBのHDDをコピーするのに約6時間くらいかかったような気がする。なんとか2台のHDDへのデータコピーが終わったので、PCに接続して確認したところ、今回のように2TB→3TBと容量が大きいHDDへの使用についても、問題なくデータコピーされていることを確認した。
 
この「KURO-DACHI/CLONE/U3」はあまり使用することはないだろうと思いながらも昔買ったものなのだが、何かしらで年に数回は引っ張りだしてきている気がする。また、使い方もシンプルで、PC上でデータコピーするよりも早いので非常に便利である。

 
スポンサーリンク





グラフィックボードの確認方法について

グラフィックボードの確認

 
自PCのグラフィックボードの型番を簡単に調べるには、WindowsのDirextX 診断ツールを使うとすぐに確認することができる。購入時の箱やPCケースを開ければすぐに分かるのだが、ちょっとした時にPCの前にいながら確認できる方法をよく忘れてしまうので、簡単にメモ。

DirectX 診断ツールは、WindowsのDirectXの紹介ページにもあるように、Windowsの[スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「dxdiag」と入力して Enter キーを押すと起動できる。
 
directX_01
 
ディスプレイタブのデバイス欄にグラフィックボードの型番が記載されている。

 
スポンサーリンク





Happy Hacking Keyboardについて

キーボード

 
会社にいる時は8割以上、家でもパソコンの前にいることが多いので、時計など身につけているものを除いて、最も触れている時間が長いのはキーボードかもしれない・・・ 昔そんなことを思ってから、色々なキーボードを試してきたことを整理してみる。

これまで使用したキーボード

 
PCを購入した際に付属してきたキーボードを除くと、最初に自分で選んで購入して数年使ってきたキーボードは、PFU社の「Happy Hacking Keyboard Lite 2」だった(PFU社の「Happy Hacking Keyboard Lite 2」紹介ページ)。

「Ctrl」キーの位置に最初は戸惑ったものの、しばらくするとその使い易さと、コンパクトなのでホームポジションからそれほど手を動かさずにマウスに手が届くのが気に入って、職場でも家でもこのキーボードを使用していた。しかし、出張や他のPCで仕事をする機会があったときに、自分の手がこのキーボードに慣れてしまい、通常の左下にある「Ctrl」キーにイライラするようになった。
その時に色々調べて、今度は「汎用性」を重要視して選んだキーボードが、「REALFORCE91UBK」だった(東プレ社のキーボード製品一覧ページ)。

それまで使用していたHHKB Lite2と比較すると、キーボードに触れた時の感触や打鍵音、そして標準的なキー配置なので、一時的に他のPCで仕事をするときにもそれほどイライラすることがなくなったことなどがとても気に入り、これも数年使っていた。ただ、自分にとって一点だけ不満があったのは、REALFORCE91もコンパクトながらも、HHKB Lite2と比較するとどうしてもマウスの位置が遠くなってしまうのが少し不満だった。

そして、その次に使用したのが、「Happy Hacking Keyboard Professional JP (墨)」だった(楽天市場での「HHKB Professional JP 墨」の検索結果)。

このキーボードも「Ctrl」キーの位置が通常の「Caps Lock」キーの位置にあるが、「Ctrl」キーを左下に配置するようカスタマイズすることができる。そうすると、もともとの「Fn」キーの位置が「Ctrl」キーに、「Ctrl」キーの位置が「Caps Lock」キーになるのだが、「F1」~「F12」キーがないこのキーボードは「Fn」キーを(自分は)よく使用するので、右下の「Fn」キーしか使えなくなってしまうのは非常に不便だった。

これについては、最初はレジストリを変更してキー配置を変えたりしていたのだけれど、職場のセキュリティの関係でいつからかレジストリを各自で変更できなくなったので、今では「AutoHotkey」を使って、「変換」, 「無変換」キーを「Fn」キーのように使っている(「AutoHotkey」の設定については「AutoHotkeyの設定について」参照)。

最終的に・・・

 
そして、今現在も使用しているのが、「Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S」である(楽天市場での「HHKB Professional JP type-s」の検索結果)。ずっと静音性なんて要らない・・・ と思っていたのに、『Professionalシリーズをベースに高速タイピング性(Speedy)と静粛性(Silent)を向上し、長時間の使用にも疲れにくい最高水準のキータッチはそのままに、より快適なタイピング感を実現した、タイピングへのこだわりが生み出したスペシャルモデル。』・・・という文句が気になりつい購入してしまった・・・が、「type-s」ではないものと比較すると、「言われてみれば」ではなく、「はっきりと」、静音性だけでなく、打鍵感も異なり、非常に打ち易く感じる。

この数年は、この「Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S」(+「AutoHotkey」)とトラックボールのセットで満足している。

keyboard- mouse

(強いていえば、この「Type-S」にはキーボードの配色は「白」しかない。しばらく使っていると、(自分の手が汚れているだけかもしれないが) キーボードがうっすら黒くなってくるので、できれば、「墨」のような黒系統のものがあればいいな。)

 
スポンサーリンク





ハードディスクのデフラグについて

データ用ハードディスの読み込み速度について

 
最近は、色々なソフトをPortable版に切り替えて、OSをインストールしているSSDからデータ用のHDDにアプリケーションの保存先を移行させている。これは、データ用のHDDは定期的にバックアップをとっているのと、突然PCがクラッシュしてOSを再インストールした場合でも、アプリケーションの再インストールはしなくても良くなるので、復元するのが楽になるだろうと考えてのことである。
 
PhraseExpressのLocal Phrase Fileもデータ用ドライブに入れているのだが、定型文の表示がワンテンポ遅れるのが少し気になった。そういえば、HDDのデフラグを最近やってないので、ファイルや空き領域の断片化でアクセスが遅くなっているのかもしれないと思い、デフラグの前後でデータの転送速度を測定してみることにした。

転送速度の測定(CrystalDiskMark)

 
転送速度の測定は、「CrystalDiskMark」を使用した。アプリケーションは、CrystalDiskMarkのホームページよりポータブル版をダウンロードした。
 
デフラグ前の測定結果は、以下のとおり。

hdd_01

デフラグ(ausdiskdefrag)

 
デフラグは、Auslogics Disk Defragを使用した。アプリケーションは、ホームページの中段にある以下の「Portable version」の「Download」より入手した。

hdd_02

ダウンロードした「ausdiskdefragportable.exe」を起動し、データ用HDDを選択して、「Defrag & Optimize」にてデフラグ開始。容量は3TBなのだが、所要時間は約4時間40分だった。

hdd_03

転送速度の再測定(CrystalDiskMark)

 
デフラグ後、再度CrystalDiskMarkにより測定した結果は以下のとおり。

hdd_04

連続データの転送速度は、デフラグ後に約20MB/s早くなっていた。そして何よりも、最初に気になっていたPhraseExpressの定型文の表示が早くなったことが、デフラグの効果を最も体感できたことである。

最適化まで含めると4時間以上もかかるのは少し長いのだが、今後は定期的にデフラグをしようと思う。

 
スポンサーリンク





トラックボールについて

マウスについて

 
キーボードはHHKBを愛用しているが(詳細は「キーボードについて」に記載)、ポインティングデバイスとしてはKensingtonのトラックボールを使っている。学生時代はずっとノートPCを使っていた。ノートPCはキーボードのすぐ下にパッドがあるタイプで、手をほとんど動かさなくても良い環境が気に入ってしまい、それ以来、ポインタの操作には手の位置を固定できるトラックボールを使っている。また、(青色LED式などがある今はそんなことはないのだと思うが) ボール式から光学式のマウスが出始めたときは、マウスの下にゴム製のデスクマットなどがあるとポインタがうまく動かなかったり、操作するのにある程度机の上にスペースが必要なことなども、トラックボールに切り替えるきっかけとなった。

トラックボールについて

 
トラックボールは、主にボールを親指で扱うタイプのものと人差し指/中指で扱うタイプの2つに二分されると思う。自分は(タッチパッドでもそうだと思うのだが)、指で操作するなら、親指で操作するよりも人差し指/中指でポインタを動かした方が操作性が良いと思い、親指タイプのものは使用したことがない。また、指で何かを描くことをイメージすると、小さい領域で操作するよりも、大きい領域を使えた方が操作しやすいと思い、いくつかトラックボールを試した結果、今はKensingtonのExpert Mouseを使用している( 楽天市場での「Expert Mouse」の検索結果)。
 
実は、同じKensingtonのSlimBladeも試してみたこともあった。デザイン的にはSlimBladeの方が好きだったのだが、クリック時に反応しない部分があることや、ボールを回す方式のホイール機能が使いづらく、結局Expert Mouseに戻してしまった( 楽天市場での「SlimBlade」の検索結果)。

Expert Mouse Optical Trackballについて

 
Expert Mouseは、以下のような感じで使っている。
 

kensington_001

 
元々Exper Mouseにはパームレストも付属されているのだが、これを着けると大きく場所を取るので、自分で適当な板をトラックボールの大きさに切って、塗装したものを使っている(実は机も一部自作しているので、机と同色で塗装していたりする)。以前はパームレストがなくても気にならなかったのだが、あるとき仕事で簡単な描画をする必要があったときに、長時間Expert Mouseを使っていると、手首がしびれてきたことがあった。ボール部の傾斜が少し大きいので、長時間作業をする場合は手首の位置を少し上げてやった方が良いと思う(一方、SlimBladeでは傾斜が抑えられていて、ある程度長時間作業しても疲れることはなかった)。

もう1つ、Expert Mouseには4ボタンついている。自分は上2つは使用しないので良いのだが、使用するときはTrackballWorksというドライバをインストールする必要がある。職場のパソコンはセキュリティの関係で自分でソフトを「インストール」することができないのだが、この場合も「かざぐるマウス」というソフトを使えばインストール不要で4ボタンを使うことができる。 (かざぐるマウスの「ボタン」タブで、中央ボタンは左上、拡張1ボタンが右上のボタンに割り当てることができる。一方、先ほどのSlimBladeはこの割り当てができなかった。)
 
この「かざぐるマウス」は、現在は作者の方が公開を終了されているようなのだが、こちらのサイトからダウンロードが可能である。

 
スポンサーリンク