メニューバーのウィンドウ上部への表示について(Ubuntu)

メニューバーをウィンドウ上部に表示する方法

 
Ubuntuの初期設定では、アプリケーションやウィンドウのメニューバーは画面上部に固定されているが、Windowsのようにウィンドウ上部に表示させる方法についてメモ。
 

Ubuntuでのシステム設定

Ubuntuの「システム設定」から「外観」→「挙動」で、以下のように選択する。

  • 「ウィンドウのメニューを表示」:ウィンドウのタイトルバーの中
  • 「メニューの表示」:常に表示


これで、アプリケーション等のメニューバーがウィンドウ上部に表示されるようになった。

 
 
スポンサーリンク

隠しファイルの表示について(Ubuntu)

Ubuntuのファイルマネージャ(Nautilus)での隠しファイルの表示

 
Ubuntuのファイルマネージャ(メニューバーにある「ファイル」(Nautilus)」)で、隠しファイルを表示するには、「編集」→「設定」→「表示」と進み、「隠しファイルとバックアップファイルを表示する」にチェックを入れる。

これで、ファイル名の頭が「.」で始まるファイルや、ファイル名の最後に「~」が付く隠しファイルも表示されるようになった。

 
 
スポンサーリンク

PATHの通し方について(Ubuntu)

PATHの通し方について

 
作成したスクリプトなどを保存しているホームのbinフォルダにPATHを通す方法についてメモ。

~/.profile への追記

ホームのbinフォルダにPATHを通す場合は”.profile”に以下を記載する。

PATH=”$PATH:$HOME/bin”
※ ホームのbinフォルダについて、.profileに既に以下のような記載がある場合は不要。
# set PATH so it includes user’s private bin if it exists
if [ -d “$HOME/bin” ] ; then
PATH=”$HOME/bin:$PATH”
fi

 
一時的にPATHを通す場合は、ターミナルから以下のように記述する。

export PATH=$PATH:追加したいコマンド検索パス
※ echo $PATHで出力された左から優先されるため、追加するコマンド検索パスの優先度を高くする場合は以下のように記述。
export PATH=追加したいコマンド検索パス:$PATH

 
ターミナルから、”echo $PATH” としてPATHが通っていることを確認できた。

 
 
スポンサーリンク

LinuxのHDDのマウントについて

デュアルブートPCでWindowsからLinuxのHDDをマウント

 
デュアルブートPCでWindwos側からUbuntu(Linux)側のHDDをマウントしてファイルを参照するときの方法についてメモ。
 

Ext2Fsdのインストールとマウント

 
こちらのサイトよりExt2fsdをダウンロードしてインストールする。
Ext2 Volume Managerを起動し、対象のHDD(EXT4)を右クリックして、「Change Drive Letter」からドライブ文字を選択して「Add」。その後、「Tools/Service Management」を選択して「Service Status」で「Start」をクリックするとマイコンピュータにUbuntu側のHDDが表示された。


 
 
スポンサーリンク

テーマの変更について(Ubuntu)

Ubuntuのテーマの変更

 
オーディオプレイヤー「Audacious」で「GTKインターフェイス」を使用する際、ウィンドウの背景色を変更したいと思い、こちらのサイトに従ってテーマを変更したときのメモ。

テーマのインストール

 
テーマを以下にてインストール。

sudo add-apt-repository ppa:ravefinity-project/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install vivacious-colors-gtk-dark

テーマの変更

 
ターミナルから「gnome-tweak-tool」を起動し、『外観』→『GTK+』からテーマを選択。

テーマが変更され、Audaciousのウィンドウ色も変更された。

 
 
スポンサーリンク

“ls”コマンドの設定について(Ubuntu)

lsコマンドの設定

 
lsコマンドのオプションの設定についてメモ。

~/.bashrc への”ls”コマンドオプションの編集

 
lsコマンドのオプションはホームの.bashrc に記載しておく。

$ sudo gedit ~/.bashrc
alias ls=’ls -aF –color=auto’ ← 追記

 
(参考)

  • -a:隠しファイルも含めて全て表示
  • -l:詳細なリスト
  • -t:ファイル更新時間で新しい順にソート
  • -R:子ディレクトリの内容も表示
  • -F:ファイル名にファイル・タイプを表す記号を付けて表示
    • “/”:ディレクトリ
    • “*”:実行可能ファイル
    • “@”:シンボリック・リンク etc
設定の反映

以下にて設定を反映。次回ログイン時からは.bashrcの設定が読み込まれる。

$ source .bashrc

 
 
スポンサーリンク

「システムプログラムの問題がみつかりました」の対処について(Ubuntu)

ログイン時に「システムプログラムの問題がみつかりました」のポップアップが表示

 
グラフィックボードのドライバをインストールしてから、ログインする度に「システムプログラムの問題がみつかりました」のポップアップが表示されるようになったので、その対処法についてメモ。

/var/crash ディレクトリ内のファイルの削除

 
ターミナルから以下にて /var/crash ディレクトリ内のファイルを削除。

$ sudo rm /var/crash/*

 
また、Ubuntuに実装されているApportにより、デバッグ用のクラッシュレポートが自動生成されないようにするには、/etc/default/apport の”enabled=1″を”enabled=0″に変更する。

$ sudo sed -i ‘s/enabled=1/enabled=0/g’ /etc/default/apport

 
以上で、次回起動時より「システムプログラムの問題がみつかりました」のポップアップが表示されなくなった。

 
 
スポンサーリンク





ランチャーの位置の変更(下側に移動)について(Ubuntu)

ランチャーの位置の変更

 
Ubuntuのランチャーの位置をデフォルトの左側から下に移動する方法についてメモ。

dconfエディターでの設定変更

 
dconfエディタをを下記にてインストール。

$ sudo atp-get install dconf-editor

インストール後、dconfエディタを起動。

  • [com]→[canonical]→[unity]→[launcher]
  • 『launcher-position』を選択
  • 値を「Bottom」に変更

以上で、ランチャーの位置が画面下側に表示された。

 
 
スポンサーリンク





インターネットが不安定な時の対応について(Ubuntu)

インターネットが不安定な時の対応について

 
Ubuntuを使っていると、ときどきインターネットが繋がらなくなることが多々あった。調べて見るとIPv6を無効にすると改善するらしいことが分かったので、その方法についてメモ。

ネットワーク環境の確認とIPv6の無効化

 
ターミナルからネットワーク環境を確認。

$ ifconfig

 

“inet6″が表示されているので、/etc/sysctl.conf に以下を追加。

$ net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
$ net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

 

設定の反映と確認

以下にて設定を反映。

$ sudo sysctl -p

 

再度、ifconfig にて”inet6″が表示されないこと(IPv6の無効化)を確認した。

その後

これまでPCをWindowsからUbuntuに切り替えてしばらくすると、家族から無線LANが繋がらなくなったと言われることが多く、その度にルーターや無線LANの親機を再起動したりしていたのだが、IPv6を無効化してからは、突然インターネット接続が切断されるようなことはなくなった。

 
 
スポンサーリンク





デュアルモニタの設定(Ubuntu)

デュアルモニタの設定

 
Ubuntuをインストール後、デュアルモニタの設定方法(ドライバのインストール)についてメモ(2017年11月12日更新)。

ドライバ(nvidia)のインストール

 
使用しているグラフィックボード(GeForce GTX 1060)のドライバを下記にてインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nvidia-375

再起動後、ターミナルからグラフィックボードの使用状況を確認。

$ nvidia-smi

無事デュアルモニタが認識された。

 
 
スポンサーリンク