TOP -Contents-

 
スポンサーリンク







猫の脱走防止柵について

猫用の防止策について

 
先日、子供がドアを開けっ放しにして猫が脱走したので、その対策として玄関につながる廊下に設置した柵の制作についてメモ。
 

柵の制作

色々とインターネットで猫用の柵を探してみたのだが、市販のものだとちょうどいい大きさのものを見つけることができなかった。そんな中、スプリング入りで自動で閉まるタイプの蝶番を使って柵を制作されている方を見つけたので、自分でも制作してみることにした。
 
平板だと猫が爪を立てて登ってしまうということだったので、ホームセンターから細い角材を複数買ってきてそれをつなぎ合わせて扉にすることにした。長さは1.8mあるので、それらを等間隔で並べてネジで固定した。廊下への設置については、壁に穴をあけて固定しようと思ったのだが、失敗してしまった時を思うと少し怖かったので、廊下に木枠をはめ込んでその木枠に扉を設置することにした。
 
 
 
木枠の上下に設置した水平部分については廊下の横幅にあわせて切断したのだが、その他はほとんど買ってきた素材をそのまま利用したので2時間程度で設置することができた。
 

最後に(2018年4月更新)

子供達が扉を思いっきり開閉すると少しずつ木枠がずれてくることがあったので、木枠との接触部分にゴムのクッション材をつける等の補強をした。約半年が経ってもきちんと猫が脱走することもなく、柵としてきちんと機能しているようなので、設置して良かったと思う。
 

 
壁のひっかき傷が耐えなかったりと頭を抱えることもあるが、子供達が一緒に遊んでいる姿や、気が付くと自分の隣の椅子の上で寝そべりながらこちらを見ていてる仕草をみて和んでいたりもするので、多少のいたずらは大目にみようかと思う。

 
 
スポンサーリンク

猫の脱走について

猫の脱走

  
先日、仕事から帰宅すると子供達が泣いていたので理由を聞いてみると、今年になってうちで飼い始めた猫(スコティッシュフォールド)がいつのまにか家から脱走していなくなったということだった。その後、無事に帰ってくるまでのメモ。

逃亡1日目

 
夜9時過ぎに仕事から帰宅して猫が脱走したことを知った。様子を聞くと、夕方、妻の外出中に子供が庭で遊んでいたときに、玄関の扉を少しの間(?)開けっ放しにしていたのでその時に逃げたのだろうということだった。ちゃんとドアは閉めないと・・・と少し注意をしたのだが、子供達はみんな泣き疲れてぐったりしていたので、早々に布団に連れていき、懐中電灯を片手に近所の捜索にでかけた。
 
うちではペットボトルにキャットフードを入れていて、食事をあげるときのペットボトルのカラカラという音で猫が飛んでくるので、餌入りのペットボトルを振りながら、家の周り、近所の畑、子供が通っている小学校の周りなどを1時間ほど歩き回った。
辺りはすっかり暗いので鳴き声を頼りに・・・と思ったのだが、車の通りが多く猫が鳴いていても気付くことができないほどの騒音だった。静かな田舎町だと思っていたが、思っていたよりもうるさいものだということを実感した。また、夜中にペットボトルを振りキョロキョロしながら歩く姿は十分に怪しかったようで、信号待ちの車から冷たい視線が・・・。
 
それでも、子供達の泣き顔が頭に過るので、1時間以上歩いて探してみたが何の手がかりも得られず、この日の捜索は打ち切ることにした。
 

逃亡2日目

 
朝起きると子供達が階下で騒いでいる。猫が戻ってきたのかと思い急いでリビングに降りていったのだが、一晩寝て落ち着いたのか、猫が脱走したことを引きずることなくみんなで騒いで遊んでいた。いつまでも子供達に泣かれていても困るので、朝食のあと、また一人で猫の捜索にでかけることにした。夜と違って明るくなり探しやすくはなったのだが、逆に人・車の通りが多いために逆に探しにくく、このときも1時間ほど近所を捜索して帰宅した。
 
午後になり、再度猫の捜索に行こうかと考えていると、子供達が家の中で喧嘩を始めた。ちょっとお灸をすえようと、子供達に、「自分たちがドアを開けっ放しで遊んで猫が逃げてしまったのに、1日経ったらすっかり忘れて・・・ 喧嘩してる時間あるならみんなで探してきなさい」と言うと、急に静かになり、家から飛び出すように猫の捜索にでかけていった。
 
子供達が家をでてしばらくすると、屋根からパラパラと音が聞こえてきた。外を見ると、少し前までは晴れていたのに急に薄暗くなり雨が降り始めている。当然、傘なんて持って行かなかったと思うので、子供達を迎えにいこうかと玄関に向かうと、道路から子供達の叫ぶ声が聞こえてきた。ドアあけると、子供達が泣きながら猫を抱えて家の前の通りを戻ってきているところだった・・・
 
話を聞くと、暗くなって雨が降り始めたので公園の屋根の下で雨宿りをしていたらしいのだが、雨は止む気配もないので、みんなで走って帰ることにしたとのこと。ちょうど家が見えてきたところで、どこからともなく猫の鳴き声がするのでみんなで周囲を探したところ、すぐ隣の家の庭で雨に打たれて鳴いている猫を発見したということだった。何はともあれ、無事猫が帰宅することができて本当によかった。
 

最後に

 
今回は、急な雨にびっくりして鳴いてくれた猫と、その雨のせいで捜索をやめてちょうど帰宅してきていた子供達がその声を聞くことができたので、無事見つけることができた。もしかしたら、猫も初めて外に飛び出しびっくりして、一晩中隣の家の庭でじっとしていたのかも・・・
 
灯台下暗し、ではないけれど、また猫が脱走するようなことがあったときはむやみに遠くまで探しにいかず、家のすぐ近くを入念に捜索しようと思う。
 

 
 
スポンサーリンク

メニューバーのウィンドウ上部への表示について(Ubuntu)

メニューバーをウィンドウ上部に表示する方法

 
Ubuntuの初期設定では、アプリケーションやウィンドウのメニューバーは画面上部に固定されているが、Windowsのようにウィンドウ上部に表示させる方法についてメモ。
 

Ubuntuでのシステム設定

Ubuntuの「システム設定」から「外観」→「挙動」で、以下のように選択する。

  • 「ウィンドウのメニューを表示」:ウィンドウのタイトルバーの中
  • 「メニューの表示」:常に表示


これで、アプリケーション等のメニューバーがウィンドウ上部に表示されるようになった。

 
 
スポンサーリンク

隠しファイルの表示について(Ubuntu)

Ubuntuのファイルマネージャ(Nautilus)での隠しファイルの表示

 
Ubuntuのファイルマネージャ(メニューバーにある「ファイル」(Nautilus)」)で、隠しファイルを表示するには、「編集」→「設定」→「表示」と進み、「隠しファイルとバックアップファイルを表示する」にチェックを入れる。

これで、ファイル名の頭が「.」で始まるファイルや、ファイル名の最後に「~」が付く隠しファイルも表示されるようになった。

 
 
スポンサーリンク

PATHの通し方について(Ubuntu)

PATHの通し方について

 
作成したスクリプトなどを保存しているホームのbinフォルダにPATHを通す方法についてメモ。

~/.profile への追記

ホームのbinフォルダにPATHを通す場合は”.profile”に以下を記載する。

PATH=”$PATH:$HOME/bin”
※ ホームのbinフォルダについて、.profileに既に以下のような記載がある場合は不要。
# set PATH so it includes user’s private bin if it exists
if [ -d “$HOME/bin” ] ; then
PATH=”$HOME/bin:$PATH”
fi

 
一時的にPATHを通す場合は、ターミナルから以下のように記述する。

export PATH=$PATH:追加したいコマンド検索パス
※ echo $PATHで出力された左から優先されるため、追加するコマンド検索パスの優先度を高くする場合は以下のように記述。
export PATH=追加したいコマンド検索パス:$PATH

 
ターミナルから、”echo $PATH” としてPATHが通っていることを確認できた。

 
 
スポンサーリンク

LinuxのHDDのマウントについて

デュアルブートPCでWindowsからLinuxのHDDをマウント

 
デュアルブートPCでWindwos側からUbuntu(Linux)側のHDDをマウントしてファイルを参照するときの方法についてメモ。
 

Ext2Fsdのインストールとマウント

 
こちらのサイトよりExt2fsdをダウンロードしてインストールする。
Ext2 Volume Managerを起動し、対象のHDD(EXT4)を右クリックして、「Change Drive Letter」からドライブ文字を選択して「Add」。その後、「Tools/Service Management」を選択して「Service Status」で「Start」をクリックするとマイコンピュータにUbuntu側のHDDが表示された。


 
 
スポンサーリンク

テーマの変更について(Ubuntu)

Ubuntuのテーマの変更

 
オーディオプレイヤー「Audacious」で「GTKインターフェイス」を使用する際、ウィンドウの背景色を変更したいと思い、こちらのサイトに従ってテーマを変更したときのメモ。

テーマのインストール

 
テーマを以下にてインストール。

sudo add-apt-repository ppa:ravefinity-project/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install vivacious-colors-gtk-dark

テーマの変更

 
ターミナルから「gnome-tweak-tool」を起動し、『外観』→『GTK+』からテーマを選択。

テーマが変更され、Audaciousのウィンドウ色も変更された。

 
 
スポンサーリンク

ピロリ菌の検査と除菌について

ピロリ菌の検査キット

 
インターネットで「ピロリ菌」の検査キットや除菌セットが販売されていたので、試しに購入し検査・除菌した結果についてのメモ。

ピロリ菌検査キットの購入

 
後から調べると他のサイトでも取り扱っているようなのだが、今回はこちらのページから「ピロリ菌」で検索して検査キットを購入することにした。また、検査前ではあったが以前から胃が痛くなることが多く陽性であることも考えて、除菌セットもあわせて購入した。
海外からの配送ということで注文から到着までに数週間を要したが、無事手元に到着。

検査結果

検査は、『排泄物(大便)を検体として使用します。清潔で乾いた容器を使用して検体を採取してください。』とあり、説明書のとおり試験チューブに検体を入れた後、テストカセットに数滴垂らすとすぐに結果がでてきた。

“T”の位置に線が表示されているので、結果は”陽性”だった。

ピロリ菌の除菌

除菌キットも予め購入していたので、検査した日から早速薬を飲み始めることにした。使用方法は、『7日間、3製剤を同時に服用』するということの他、『一度でも飲み忘れると除菌率が下がります。2回続けて飲み忘れた場合には、除菌はほぼ失敗します。』という注意書きもあったので、出勤前と帰宅後に必ず服用することとした。副作用に「軟便」や「味覚異常」になることもあるとあったが、自分の場合は服用後も特に変化はなかった。

除菌結果

除菌キットは3セットが梱包されていたので、治療期間から数週間経って、再度検査してみた。

初回の検査で表示されていた”T”の位置の線はなく、無事除菌できたことが確認できた。

最後に

 
自己責任ではあるが、仕事が忙しく通院できない場合に検査と除菌に加え、治療後の確認までを自宅でできたこと、検査キット・除菌セットもそれぞれ3000円程度と低料金なのが非常に良いと思った。

 
 
スポンサーリンク

“ls”コマンドの設定について(Ubuntu)

lsコマンドの設定

 
lsコマンドのオプションの設定についてメモ。

~/.bashrc への”ls”コマンドオプションの編集

 
lsコマンドのオプションはホームの.bashrc に記載しておく。

$ sudo gedit ~/.bashrc
alias ls=’ls -aF –color=auto’ ← 追記

 
(参考)

  • -a:隠しファイルも含めて全て表示
  • -l:詳細なリスト
  • -t:ファイル更新時間で新しい順にソート
  • -R:子ディレクトリの内容も表示
  • -F:ファイル名にファイル・タイプを表す記号を付けて表示
    • “/”:ディレクトリ
    • “*”:実行可能ファイル
    • “@”:シンボリック・リンク etc
設定の反映

以下にて設定を反映。次回ログイン時からは.bashrcの設定が読み込まれる。

$ source .bashrc

 
 
スポンサーリンク