猫の脱走防止柵について

猫用の防止策について

 
先日、子供がドアを開けっ放しにして猫が脱走したので、その対策として玄関につながる廊下に設置した柵の制作についてメモ。
 

柵の制作

色々とインターネットで猫用の柵を探してみたのだが、市販のものだとちょうどいい大きさのものを見つけることができなかった。そんな中、スプリング入りで自動で閉まるタイプの蝶番を使って柵を制作されている方を見つけたので、自分でも制作してみることにした。
 
平板だと猫が爪を立てて登ってしまうということだったので、ホームセンターから細い角材を複数買ってきてそれをつなぎ合わせて扉にすることにした。長さは1.8mあるので、それらを等間隔で並べてネジで固定した。廊下への設置については、壁に穴をあけて固定しようと思ったのだが、失敗してしまった時を思うと少し怖かったので、廊下に木枠をはめ込んでその木枠に扉を設置することにした。
 
 
 
木枠の上下に設置した水平部分については廊下の横幅にあわせて切断したのだが、その他はほとんど買ってきた素材をそのまま利用したので2時間程度で設置することができた。
 

最後に(2018年4月更新)

子供達が扉を思いっきり開閉すると少しずつ木枠がずれてくることがあったので、木枠との接触部分にゴムのクッション材をつける等の補強をした。約半年が経ってもきちんと猫が脱走することもなく、柵としてきちんと機能しているようなので、設置して良かったと思う。
 

 
壁のひっかき傷が耐えなかったりと頭を抱えることもあるが、子供達が一緒に遊んでいる姿や、気が付くと自分の隣の椅子の上で寝そべりながらこちらを見ていてる仕草をみて和んでいたりもするので、多少のいたずらは大目にみようかと思う。

 
 
スポンサーリンク

猫の脱走について

猫の脱走

  
先日、仕事から帰宅すると子供達が泣いていたので理由を聞いてみると、今年になってうちで飼い始めた猫(スコティッシュフォールド)がいつのまにか家から脱走していなくなったということだった。その後、無事に帰ってくるまでのメモ。

逃亡1日目

 
夜9時過ぎに仕事から帰宅して猫が脱走したことを知った。様子を聞くと、夕方、妻の外出中に子供が庭で遊んでいたときに、玄関の扉を少しの間(?)開けっ放しにしていたのでその時に逃げたのだろうということだった。ちゃんとドアは閉めないと・・・と少し注意をしたのだが、子供達はみんな泣き疲れてぐったりしていたので、早々に布団に連れていき、懐中電灯を片手に近所の捜索にでかけた。
 
うちではペットボトルにキャットフードを入れていて、食事をあげるときのペットボトルのカラカラという音で猫が飛んでくるので、餌入りのペットボトルを振りながら、家の周り、近所の畑、子供が通っている小学校の周りなどを1時間ほど歩き回った。
辺りはすっかり暗いので鳴き声を頼りに・・・と思ったのだが、車の通りが多く猫が鳴いていても気付くことができないほどの騒音だった。静かな田舎町だと思っていたが、思っていたよりもうるさいものだということを実感した。また、夜中にペットボトルを振りキョロキョロしながら歩く姿は十分に怪しかったようで、信号待ちの車から冷たい視線が・・・。
 
それでも、子供達の泣き顔が頭に過るので、1時間以上歩いて探してみたが何の手がかりも得られず、この日の捜索は打ち切ることにした。
 

逃亡2日目

 
朝起きると子供達が階下で騒いでいる。猫が戻ってきたのかと思い急いでリビングに降りていったのだが、一晩寝て落ち着いたのか、猫が脱走したことを引きずることなくみんなで騒いで遊んでいた。いつまでも子供達に泣かれていても困るので、朝食のあと、また一人で猫の捜索にでかけることにした。夜と違って明るくなり探しやすくはなったのだが、逆に人・車の通りが多いために逆に探しにくく、このときも1時間ほど近所を捜索して帰宅した。
 
午後になり、再度猫の捜索に行こうかと考えていると、子供達が家の中で喧嘩を始めた。ちょっとお灸をすえようと、子供達に、「自分たちがドアを開けっ放しで遊んで猫が逃げてしまったのに、1日経ったらすっかり忘れて・・・ 喧嘩してる時間あるならみんなで探してきなさい」と言うと、急に静かになり、家から飛び出すように猫の捜索にでかけていった。
 
子供達が家をでてしばらくすると、屋根からパラパラと音が聞こえてきた。外を見ると、少し前までは晴れていたのに急に薄暗くなり雨が降り始めている。当然、傘なんて持って行かなかったと思うので、子供達を迎えにいこうかと玄関に向かうと、道路から子供達の叫ぶ声が聞こえてきた。ドアあけると、子供達が泣きながら猫を抱えて家の前の通りを戻ってきているところだった・・・
 
話を聞くと、暗くなって雨が降り始めたので公園の屋根の下で雨宿りをしていたらしいのだが、雨は止む気配もないので、みんなで走って帰ることにしたとのこと。ちょうど家が見えてきたところで、どこからともなく猫の鳴き声がするのでみんなで周囲を探したところ、すぐ隣の家の庭で雨に打たれて鳴いている猫を発見したということだった。何はともあれ、無事猫が帰宅することができて本当によかった。
 

最後に

 
今回は、急な雨にびっくりして鳴いてくれた猫と、その雨のせいで捜索をやめてちょうど帰宅してきていた子供達がその声を聞くことができたので、無事見つけることができた。もしかしたら、猫も初めて外に飛び出しびっくりして、一晩中隣の家の庭でじっとしていたのかも・・・
 
灯台下暗し、ではないけれど、また猫が脱走するようなことがあったときはむやみに遠くまで探しにいかず、家のすぐ近くを入念に捜索しようと思う。
 

 
 
スポンサーリンク

ピロリ菌の検査と除菌について

ピロリ菌の検査キット

 
インターネットで「ピロリ菌」の検査キットや除菌セットが販売されていたので、試しに購入し検査・除菌した結果についてのメモ。

ピロリ菌検査キットの購入

 
後から調べると他のサイトでも取り扱っているようなのだが、今回はこちらのページから「ピロリ菌」で検索して検査キットを購入することにした。また、検査前ではあったが以前から胃が痛くなることが多く陽性であることも考えて、除菌セットもあわせて購入した。
海外からの配送ということで注文から到着までに数週間を要したが、無事手元に到着。

検査結果

検査は、『排泄物(大便)を検体として使用します。清潔で乾いた容器を使用して検体を採取してください。』とあり、説明書のとおり試験チューブに検体を入れた後、テストカセットに数滴垂らすとすぐに結果がでてきた。

“T”の位置に線が表示されているので、結果は”陽性”だった。

ピロリ菌の除菌

除菌キットも予め購入していたので、検査した日から早速薬を飲み始めることにした。使用方法は、『7日間、3製剤を同時に服用』するということの他、『一度でも飲み忘れると除菌率が下がります。2回続けて飲み忘れた場合には、除菌はほぼ失敗します。』という注意書きもあったので、出勤前と帰宅後に必ず服用することとした。副作用に「軟便」や「味覚異常」になることもあるとあったが、自分の場合は服用後も特に変化はなかった。

除菌結果

除菌キットは3セットが梱包されていたので、治療期間から数週間経って、再度検査してみた。

初回の検査で表示されていた”T”の位置の線はなく、無事除菌できたことが確認できた。

最後に

 
自己責任ではあるが、仕事が忙しく通院できない場合に検査と除菌に加え、治療後の確認までを自宅でできたこと、検査キット・除菌セットもそれぞれ3000円程度と低料金なのが非常に良いと思った。

 
 
スポンサーリンク

空気清浄機について

空気清浄器

 
7年使っている空気清浄機(プラズマクラスター搭載加湿空気清浄機/KC-Z65)についてのメモ。

フィルター類の別売価格

 
ウチには、約7年近く使用している空気清浄機(KC-Z65)が2台ある。

 
上部の空気吹き出し口から子供がおもちゃや昆虫(?)を入れた時は取るのに苦労したが、それでも、現在でも利用している。フィルタ類も掃除をしたり交換もしているが、最近ニオイが気になるので、フィルターを再度交換するか、新しい清浄機を購入しようか悩んでいる。
 
そこで、まず、フィルター類を購入するといくらかかるかを計算してみた。(2017年12月更新)
 
楽天市場での「kc-z65 フィルター」の検索結果
:【脱臭フィルター】約3,400円 (税込) / 【集塵フィルター】約4,600円 (税込)

楽天市場での「kc-z65 後ろパネル」の検索結果
:約2,400円 (税込)
 
 
フィルター2つと後ろのパネル(ウチのは留具が2つとも壊れている)を合わせても1万円程度だった。
 

空気清浄機の価格

 
一方で、空気清浄機自体を買い換えた場合を確認。
 
楽天市場での「加湿空気清浄機 シャープ」の検索結果

Amazonでの「加湿空気清浄機 シャープ」の検索結果

 
2010年発売のKC-Z65(加湿空気適用:17畳)は、当時のメールを見ると約43,000円で購入していたが、現在は、2015年発売のKC-F70(加湿空気適用:〜18畳)が約2万円となっていた。

結局…

 
今後も使っていくこと、今では空気清浄機自体が安くなっていること等を考えると、7年前の空気清浄機の別売フィルタを購入するよりも買い換えた方がいいように思うのだが、冬のボーナスが入るまで、もう少し考えてみようと思う。

 
スポンサーリンク





ピアノのシャンク破損について

ピアノの蓋の上に

 
ピアノカバーを開けると、どこかで見たことのあるような物が蓋の上に・・・。それはピアノのハンマーで、実際に弾いてみると一音(D2)出ない音があったのだが、先日、無事に修理してもらうことができた。
 

ピアノのハンマー(シャンク)折れ

 
蓋の上に発見したのは、写真のようなハンマー部分。
shank_01
 
幼少の頃から長年ピアノを弾いてきたがハンマーが折れることなんてなかったので、子供達がイタズラしたのだろうと思ったのだが、聞いてみてもみんな覚えがないという。(そんな訳はないと子供を叱っていると、もうやめなさいと妻に自分が怒られた。。。)
 
知らない間に勝手に折れることもないとは思ったのだが、犯人捜しをしていても仕方がないので、いつも調律を頼む方に修理を依頼することにした。
 
ウチは消音機能付きのアップライトピアノなのだが、修理に来ていただいた方に聞いてみると、特にサイレントピアノなどでは、シャンク(ハンマーに付いている細い棒)が途中で折れてしまうことはよくあるとのことだった。ハンマーに近いところで折れた場合は、ユニットからシャンクを少し引き出してハンマーを着けることもできるようだが、今回は折れた位置が悪かったようでユニットごと交換することになった。調律の方がユニットパーツも持ってきてくれていたので、その場で修理してもらうことができた。
shank_02
shank_03
 
ハンマーが折れているのを見つけたときは「いったい修理費はどれくらい要るのだろう」と不安になったのだが、修理もあっというまに終わりパーツ代込みで5千円もしない程度だった。
 
スポンサーリンク





Amazon.comでの注文について

Amazon.comでの買い物

 
この間ある本を探していると、日本のサイトでは出品されていなかったのだが、海外サイト(Amazon.com)にあるのを見つけて注文してみたのでメモ。
 

商品検索~注文まで

 
以下、簡単に箇条書き。

  • Amazon.comから商品を検索。
  • カートに入れたら、”Proceed to checkout”をクリック。(レジに進む)
  • (今回はAmacon.comのアカウントを持っていなかったので) “I am a new customer.”にチェックを入れてアカウント作成。
  • アカウントを作成したら、送り先を入力。
    • Full Name:Taro(名) Oja(名字)
    • Address:住所
    • 1-7-1, Nagata(丁名)○○
      Chiyoda(市町村群)
      Tokyo(都道府県)

    • ZIP:郵便番号(100-0014 etc.)
    • Phone Number:電話番号(+81-3-○○○○-○○○○ / “81”から始めて市外局番の先頭の”0″を省略)
  • Adress Type:Residential (会社の場合は”Commercial”)を選択。
  • “Is this address also your billing address?”:支払カードの住所と同じかどうかを選択。
  • Sending items to more than one address?:送付先が複数かどうかを選択。
日本に発送できない場合

 
日本に発送できない場合は”Important message”とでる。今回の本の場合もメッセージがでたので、転送サービスを使用することにした。
 
調べると日本への転送サービスを行っているところがいくつか見つかったのだが、今回は“Spear net”を利用することにした。アカウント登録~依頼まではSpear Net(スピアネット)の“転送依頼方法”を見ながら行い、特に問題なく手続きを終えることができた。
 

発送~到着まで

 
Amazon.comから確認メールが届いて、翌日に発送メールが届いた。その後、約10日後に(オレゴン州にある)Spear Netに商品が届いた旨のメールがきたので決済を終えると、その5日後に自宅(日本)に商品が到着した。
 
送料は転送手数料込みで$45(4500~5000円)だった。購入したのが古い本だったためかアメリカ国内の輸送に時間がかかったが、Spear Netに商品が届いてからは、ホームページから商品の配送状況も確認でき、スムーズに輸送された。
 

さいごに

 
購入したのは1000円もしない古い本なのだが、輸送費とあわせると5000円を超える買い物になってしまった。
 
今回は日本では入手できなかったので仕方がないのだが、別の機会にAmazon.comで腕時計を購入した時は、(転送サービスを利用しなくても日本に発送できたのだが)日本で購入するよりも(送料を入れても)かなり安く購入することができた。商品によっては送料をいれても日本で購入するより安く購入できる場合があるので、これからもオンラインショッピングを利用する際には海外サイトもあわせて確認してみようと思う。
 
スポンサーリンク





コンビニシャツについて

出張先にて

 
出張先で急遽もう1泊することになり、時間も遅かったのでコンビニエンスストアぐらいしか開いてなかったのだが、宿泊先の近くにあるファミリーマートでは無印良品の商品がずらっとならんでいて、そこで一通り揃えることができた。
 

値段など

 
購入したのは、ワイシャツ、靴下、ブリーフ。
convenience_store_01
 
値段は、ワイシャツが2,450円、ブリーフが735円、靴下が525円で、合計で3,710円。お買い得というわけではなかったが、商品自体は普通の無印のお店で売っているもののようでしっかりしており、翌日も困ることなく仕事を終えることができた。
 
後日、周りのコンビニを注意してみてみたのだが、いわゆるビジネス街のコンビニエンスストアには、ファミリーマートに限らず多くのコンビニでワイシャツなどの商品を取り扱っていた。
 
お店の場所によっては置いていたり置いていなかったりがあるのだと思うが、急に衣類などが必要になったときは、シャツなどの商品を取り扱う無印良品と提携しているファミリーマートを覗いてみようと思う。
 
スポンサーリンク





洗面所の壁の塗装について

残ったペンキで

 
子供部屋から階段まで色々な場所の壁を塗装したペンキがあと少しだけ残っていた。捨ててしまおうかとも思ったのだが、洗面所の壁も少し汚れていたことを思いだし、部分的に塗装してみることにした。
 

絵具

 
洗面所の壁には赤いシミ?のような跡がついていた。おそらく、子供が学校で使った絵具のセットを洗面所で洗っているときに付いたものだと思うのだが、壁紙に染み込んでしまい、雑巾などで拭いただけでは汚れが取れなくなっていた。
 
試しに、消しゴムやメラミンスポンジで軽く壁紙を削ってみたのだが、やはり絵具が浸透していて落とすことはできなかった。
 
そこで、汚れている部分だけが隠れるようにマスキングして、少しだけ余っていたペンキで塗装。
 
washroom_01
 
できれば洗面台のすぐ脇の壁まで塗りたかったのだが、ペンキが足りなくなりそうだったので我慢することにした。洗面所の壁の一部だけ塗装していると違和感があるかとも思ったのだが、扉をあけて見える廊下の壁の塗装と同じ色なので、多少は統一感もあり、おかしくはないのかなと思っている。
 
washroom_02
 
スポンサーリンク





カメの陸地について

ミドリガメ

 
ウチでは1匹のミドリガメを飼っている。まだ小さかった頃は水槽に入れていた小さな流木の上に上がって休んでいたのだが、いつのまにか体も大きくなってきたので、専用の陸地を作ってやることにした。
 

陸地

 
水槽には、カメが首をのばせば水面に顔がでる程度まで水を張ることにして、そこに、専用の陸地を作ってやることにした。最初は小石を山のように積み上げて陸地を作ってみたのだが、すぐにカメが山を崩してしまうので、家にあった木材の破片を利用して傾斜を作ってやることにした。
 
・・・といっても、少し大きめのかまぼこ板状のものを4つ用意して、適当にネジ止めし、陸地の脚を傾斜に埋めただけである。
 
trachemys-scripta_01
 
ネジ穴が少し小さかったので多少ひび割れしてしまったのだが、試作品ということで、あまり気にしないことにした。しばらくカメの様子を見ていたのだが・・・こちらがずっと見ていると、警戒しているのか台の下に隠れて外の様子を伺うだけで、台(陸地)に上がってくる気配は少しもない。
 
trachemys-scripta_02
 
ただ、新しく設置した陸地は気にはなるようで、時折、上を見上げて「?」という顔をしている。。。
 
trachemys-scripta_03
 
結局、この日は陸地に上がってくるところを見ることはできなかったのだが、隠れ家にはなっているようなので、しばらく様子を見ることにしたい。
 

その他

 
ミドリガメは、アカミミガメ(Trachemys scripta)の別名で、爬虫綱カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属に分類されるカメ。大きくなると20~30cmになるようだが、ウチのカメはどこまで成長するのだろうか・・・ 飼えずに捨てられたり、逃げ出したりして野生で繁殖すると、生態系に大きな悪影響を及ぼすということで、環境省は2020年を目途に外来生物法に基づき飼育や販売が原則禁止される「特定外来生物」への指定を検討しているらしい(参考)。
 
子供たちもかわいがって?いるようなので、大事に育ててやろうと思う。
 
(陸地を設置してしばらく経ったある日、夜遅くに仕事から帰ってきて部屋の電気を点けると、カメが陸地の上で両手脚を伸ばしてしていた。どうも人がいなくなり静かになると、ちゃんと陸地に上がってくれているようだ。)
 
スポンサーリンク





階段の壁の塗装について

階段の壁の塗装

 
先週、子供部屋の壁を塗装をして余ったペンキを使って、階段も塗装してみたのでメモ。

 
階段は頻繁に子供が行き来するので、うっかり触ってしまわないように夜になってから塗ることにしたのだが・・・ 階段の傾斜にあわせて塗装する範囲を考えたり、手すりの周囲のマスキングするだけで2時間もかかってしまった。
 
準備が終わればローラーで塗っていくだけなのだが、いざ塗装を開始すると、階段を一段ずつ昇降しながらの作業は思った以上に大変だった。疲れてくるとうっかり手すりにペンキをつけてしまい、あわてて雑巾で拭いて・・・ということも何度か繰り返しながら、ようやく1階~2階の両側の壁を塗り終えたときには、午前1時を回ってしまっていた。

今回は色々と作業が大変だったこともあり、うまく仕上がったのか非常に不安だったのだが、床に敷いていた新聞紙とマスキングを外してみると、意外にきちんと塗れていているようだったのでひとまずはホッとした。

stairs_01

stairs_02

stairs_03

最後に

 
翌朝、「壁の色がかわってる!」と階段で騒ぐ子供の声で目が覚めた。「変じゃない?」と訊いてみると、子供は「イイよ!」と言ってくれたのだが、階段の床をよく見ると、小さな水色の点がいっぱい付いていた。
 
ローラーで塗装すると、ローラーが回転しながら壁から離れる瞬間にペンキがどうしても飛び散ってしまうのである。今回は階段ということもあり移動の邪魔になるので、塗装する側の壁の下(階段の半分だけ)に新聞を敷いて作業していたのだが、ペンキは想像以上に広範囲に散っていたようである。
 
子供たちにも手伝ってもらい、硬く絞った雑巾で少し力を入れて擦りながら拭き掃除をして、なんとか床についたペンキの点もちゃんと落とすことができた。

 
スポンサーリンク