子供部屋の塗装について

子供部屋

 
今回は、家族みんなで子供部屋の塗装をしてみたのでメモ。
 

部屋の片づけ

 
いよいよ、ウチの中で一番壁の汚い子供部屋を塗装することにしたのだが、まず最初に、部屋の中のものを全部出すことにした。といっても、大きなものといえば本棚くらいで、あとは布団、子供がお絵かき?などに使っている長机、小さめのおもちゃ箱がいくつか・・。空っぽの部屋で周りを見渡すと机や本箱が置いてあったところがほこりだらけなので、みんなで掃除掃除しているとあっというまに1時間が経過していた。
 

マスキング~塗装

 
「全部青くしたい!」という子供の声をよそに、今回も壁一面塗るのは大変なので、(汚れのひどい)下半分を塗る対象にスイッチなどは避けるようにしながらマスキング。子供たちは、カーペットにペンキが落ちてもいいように新聞紙を敷いてくれた。
 
部屋一面のマスキングに疲れたので、妻にローラーを渡して塗装をまかせて自分は少し休憩することにした。しばらくして子供部屋に戻ると、すでに全面が青くなっていて2度塗りに入っていた。そのまま塗装は妻に続けてもらいながら、自分はペンキが完全に乾くまえに、度塗りが終わった部分から順番にマスキングテープを剥がすことにした。やはり分担すると作業も早く、塗り始めてから2時間もかからずに塗装を終えることができた。
 

完成

 
乾くのを待ち、本棚や机などを戻して完成。雰囲気も大きく変わり、子供たちも新鮮だったのか食事まで部屋からでてこなかったので、気に入ってくれたのだろうと自分も大満足である。
 
childrens-room_01
childrens-room_02
childrens-room_03
childrens-room_04
childrens-room_05
 
廊下玄関、子供部屋と塗ってきたのだが、塗装範囲を抑えたせいか、ペンキが1/3くらい残ってしまった。捨てるのはもったいないので、次は階段の壁でも塗装しようかなと考えている。。
 
スポンサーリンク





玄関の壁の塗装について

玄関の壁

 
廊下の壁を塗装した時のペンキが大量に余っているので、玄関の壁も塗装してみたのでメモ。
 

部分塗装

 
玄関の壁も廊下と同じように・・・広い。ペンキはいっぱいあるのだが、汚れている部分を隠しつつ極力塗装する範囲が小さくなるようにマスキングするラインを決めた。玄関~廊下につながっているので、廊下側の塗装部分とはラインがつながるように・・・などと考えていると、結局塗装するラインが斜めになってしまった。出来上がりをイメージして変になったらどうしようと少し悩んだのだが、最悪塗り直せばよいかと思い、色々と考えるのをやめて塗ってみることにした。
 

出来上がり

 
夕方から塗り始めたので、完全に乾いた頃には夜になっていたのだが、廊下の電気を点け、あらためて見てみると、斜めの塗装もそれほど違和感はなかった。
 
entrance-painting_01
 
次は、まとまった時間を見つけてウチの中で一番壁が汚れている・・・子供部屋の壁を塗装したいと思う。
 
スポンサーリンク





ケンチャヤシについて

観葉植物の通信販売(その2)

 
先日、”高性チャメドレア“と一緒に注文していた”ケンチャヤシ”が配達されたので、簡単にメモ。

ケンチャヤシ

 
“ケンチャヤシ”をインターネット販売を探してみると決して少なくない数がヒットするので、先日注文したチャメドレアよりも、比較的流通量は多いのかもしれない (楽天市場での「ケンチャヤシ」の検索結果:ウチが購入したお店は「彩植健美」さん)。
 
以下に、ケンチャヤシの特徴などをメモ。

  • 原産地はオーストラリアロードハウ島
  • 耐陰性が有り上部で育てやすい
  • 科目:ヤシ科 ホウエア属
  • 学名:Howea belmoreana (ホウエア・ベルモレアナ)
  • 耐寒性有(0℃~5℃でも生育可)

 

受取~設置

 
今回注文したケンチャヤシは8号サイズで1.2m前後だったのだが、それでもしっかりと段ボールで梱包されると結構な大きさだった。
 
荷物を受け取った妻も (前回のチャメドレアと同じ梱包なので) 箱を見て中が観葉植物であることは分かったようなのだが、また別の種類であることを伝えると、「今度はどんなの?」といいながら開封を手伝ってくれた。
 
葉がまとめられているビニールを丁寧に剥がしていくと、子供たちが「竹?」と訊いてきた。言われてみると、確かに幹に節があり竹のようにも見える。非常に状態もよく元気そうだった。
 
同封されていた説明書?には、「半日陰」で「風通しの良い」場所がよいと書かれていたので、ウチでは玄関に設置することにした。
 
howea-belmoreana_01
 

最後に

 
妻が子供に「ケンチャヤシって言うんだって」というと、「ヤシの木みたいに大きくなったら天井突き抜ける?」などと聞いていた。そんなに大きくなるわけないだろうと思ったのだが、同封の説明書には、『原生地では20mにまで大きくなる』と書いてあった・・・ さすがにそんなに生長することはないとは思うが、枯らさないように一生懸命世話をしてやろうと思う。
 
スポンサーリンク





高性チャメドレアについて

観葉植物の通信販売

 
リビングなどに少し大きめの観葉植物を置こうと、屋内設置で比較的育てやすいものを選び、家まで運搬してもらえるインターネット販売を利用して購入することにしたのでメモ。
 

高性チャメドレア

 
インターネットでいろいろな観葉植物の特性(育て方など)や画像などを調べ、「高性チャメドレア」を注文することにした(楽天市場での「高性チャメドレア」の検索結果:ウチが購入したお店は「彩植健美」さん)。
 
高性チャメドレアの特徴などは以下のとおり。

  • メキシコ原産のヤシの仲間(原産地では高さ3メートルにもなる)
  • 性質は強健で耐陰性有
  • 科目:ヤシ科 チャメドレア属
  • 学名:Chamaedorea Microspadix
  • 耐寒性有(0℃~5℃でも生育可)
発注~受取

 
在庫があれば数日で手元に到着するということで、注文したチャメドレアはお店の方にあり、すぐにでも発送可能ということだった。平日は自分が不在なので、受取が週末になるよう発送してもらった。
 
受取の際は、想像以上に大きな段ボールで少しびっくりしたが、見た目ほど重いということはなかった。中の葉などを傷つけないように慎重に段ボールを開けると、葉は丁寧にまとめられ、鉢/土/幹もしっかりと固定されていた。開封が終わると、元気なチャメドレアが枝葉を広げ、一緒に作業していた妻と周りで見ていた子供たちもびっくりしていた。
 

設置など

 
直射日光を当てると葉やけを起こすというので、比較的明るいリビングの隅に置くことにした。
 
chamaedorea-microspadix_01
 
受取の際は、想像以上に大きな段ボールで少しびっくりしたが、見た目ほど重いということはなかった。中の葉などを傷つけないように慎重に段ボールを開けると、葉は丁寧にまとめられ、鉢/土/幹もしっかりと固定されていた。開封が終わると、元気なチャメドレアが枝葉を広げ、一緒に作業していた妻と周りで見ていた子供たちも声をあげて少し驚いていた。
 

最後に

 
室内に置くとしたら何がいいかと妻と相談していたのだが、結局、何を注文したか妻には言っていなかった。。。開封前は、その箱の大きさと「高性チャメドレア」がどんなものなのかと少し不安そうだったのだが、いざ置き場所を決めるときは率先していろいろと手伝ってくれた。
 
大きな鉢をリビングに置いただけで部屋の雰囲気もすっかり明るくなり、とても満足している。
 
唯一の不安は、、注文したのは「高性チャメドレア」のほかにもう一鉢あることを妻には言っていないことである・・・
 
スポンサーリンク





カブトムシの孵化について

孵化

 
仕事から帰ると、「カブトムシの卵が孵ったよ」と子供が走ってきた。あれ(カブトムシの卵について)は、本当に卵だったのだな・・と改めて思いながら、子供と飼育ケースを観てみることにした。
 

幼虫

 
飼育ケースに子供が指を指した場所をよくみると、確かに幼虫と思われるものが覗いていた。
 
beetle-hatching_01
 
孵化してどれくらい経つのかは分からないのだが、体はまだ少し透明のようだった。土に埋もれていてよく見えないので、スプーンでそっと地上だしてみた。
 
beetle-hatching_02
 
以前みた卵よりも一回り大きくなっていて、やはり体は少し透けていた。土からだすとまぶしい?のか、体を曲げたり伸ばしたりしながら動きまわるので、写真を撮って少し子供と観察したら、そっと土の中に戻してやることにした。
 
子供に他にも孵っているものはいないの?と聞いてみると、めずらしく、「あまり掘り返さずにもうしばらくそっとしておきたいから、ほかの卵がどうなっているのかまだ確認してない」のだそうだ。もし何匹も孵化して、ちゃんと大きく育てることができたら、もう少し大きい飼育ケースを準備してやろうと思う。

 
スポンサーリンク





パキラについて

ホームセンターで

 
先日、家族でホームセンターの鉢植えを見ていると店員さんに声をかけられたので、ユッカのように、比較的、屋内でも育てやすいものはどんなのがありますか?と聞いてみたところ、「パキラ」という植物を勧められた。値段を見ると2000円でお釣りがくる程度だったので、購入してみることにした。
 

パキラ

 
帰宅後、パキラについて調べてみると、原産地は熱帯アメリカ(メキシコ、ギアナ、コスタリカなど)で、ユッカと同様に乾燥に比較的強く、丈夫で育てやすい植物のようだ。ただ、耐陰性はあるものの、屋内のような日陰で育てると節と節の間が開いて間延びしてくるというので、寝室の出窓の近くに設置することにした。
 

水やり

 
室内に設置して数日経つと、少し葉が萎れていることに気付いた。何か問題があるのだろうと調べてみると、どうも水のやりすぎのようだった。パキラの水やりは、「表面の土が白っぽく乾いたら水を与え、土が乾くまで水を与えないこと」がポイントとのこと。購入後にたっぷり水やりをしたのだが鉢下の受皿には水がたまっていたので、受皿の水を捨てた後、(水やりをしないで)しばらく様子を見ていると丸まりかけていた葉は大分元に戻ってきた。
 
pachira_01
 

最後に

 
比較的育てやすい丈夫な観葉植物は大きな鉢植えのものも多いように思うのだが、あまり大きいとお店から持ち帰る際に車に積めないのが少し問題である。ただ、こうした観葉植物はインターネットでの購入もできるようなので、運搬してもらえるのなら少し大きめの鉢についても家に置ければいいなと考えている。
 
スポンサーリンク





カブトムシの卵について

カブトムシの卵

 
先日、外灯採集で捕まえたカブトムシの雌が卵を産んだと子供が報告しにきた。よほど嬉しかったのか大はしゃぎしていたので、普段はあまり子供の飼育ケースは見ないのだが少し覗いてみることにした。
 

産卵

 
飼育ケースには、捕まえてきたカブトムシの雌と、子供がいとこからもらった同サイズ(少し小さめ)の雄がいたのだが、1週間くらいして土の中の雌を探していたときに卵を見つけたと言っていた。そのままだと成虫が卵を潰すかもしれないということで、卵はスプーンで別の小さなケースに移されていた。
 
eggs-of-beetle_01
正直、子供に言われたときは本当に産卵したのか少し疑問だったのだが、実際に見てみると確かに卵のようだった(そう言われないと、気づかずに捨ててしまいそうだ)。
 
下の写真は隣に近くにあった缶ジュースのプルタブを置いてみたもの。せっかくなので写真を撮ったのだが、撮り方が下手で光が反射している。。。
eggs-of-beetle_02
 

その他

 
子供の飼育ケースは、あまり温度が変化しない静かなところにおいておきたいと家の廊下に並べられているのだが、仕事から帰るとケースの周りにはいつも土が散らばっている。。。毎日のようにケースをいじるのはカブトムシもかわいそうだと言い聞かせたのだが、それからしばらくすると、「また、卵を20個くらいみつけた」と言ってきた。
 
1匹のカブトムシがそんなに卵を産むのかと少し調べてみると、カブトムシの雌は寿命がつきるまで産卵活動を続けるものだそうだ。これらの卵が本当に全部幼虫に孵ったらどうなるのだろうと少し不安になりつつ、今のところ飽きることなく大事に育てているようなので、しばらく見守ってやることにした。
 
スポンサーリンク





ユッカについて

室内の観葉植物

 
1~2年に一度、気が向くと小さな鉢をかって室内に置いていたのだが、水やりなどはするものの、日が当たらないせいか枯れてしまうものが多い。そんな中で、あまり日の当たらない室内でも枯れずに残っていた鉢があったので少し調べてみた。
 

ユッカ

 
なんという観葉植物だったか覚えていなかったのだが、調べてみると「ユッカ」という観葉植物のようだ。こちらのページ に、ユッカについていろいろと紹介があったのだが・・・、原産地の写真や他の鉢の写真は、ウチのユッカとは比較にならないほど元気に育っている。。。
 
yucca-elephantipes_01
 
「ユッカ・エレファンティペス」というのだそうで、以下のような特徴があるようだ。

  • 乾燥に強く、水やりの手間がかからない
  • 耐寒性に優れ0℃まで耐えられる
  • 日光を好むが耐陰性もあり管理が容易

もともとは、メキシコなどの気温差の激しい乾燥地帯に生息しているということなので、ウチでも枯れずに生き残っていたのも納得だった。「挿し木」や「幹挿し」で増えるということなので、来年まで元気に育てて生育期(5~9月)には植え替えをしてみようと思う。
 

最後に

 
これまでは、近所の花屋やホームセンターで品種などあまり気にせずに購入していたのだが、ユッカのように耐陰性や耐寒性あるものを選べば、屋内でもちゃんと枯らさずに育てることができるのでは・・と思った。また、ウチはすぐに世話をサボってしまうので、ほかにも耐乾性のある植物にはどんなものがあるか調べてみたい。
 
スポンサーリンク





手作りピザについて

夕食のピザ

 
「ピザが食べたい」・・・と子供がデリバリーピザのチラシを持ってきた。最近は食が落ちてきた親をよそに、よく食べるようになった子供たちの顔を見ながらピザ1枚あたりの値段と何枚食べるのかな・・・などと思いながら思わず子供が提案した夕食のメニューを却下しそうになったのだが、せっかくなので家でピザを作ることにした。
 

ピザのレシピ

 
これまで家でピザを作った時は、冷凍の生地を買ってきたり、食パンをベースにしたパンピザにしたりしていたのだが、今回は、せっかくなので生地から作ってみることにした。
 
ピザ生地のレシピはCookpadを見ながら必要な材料をメモし、具材を買いにみんなで買い物へ行くことにした。「スイカ」や「お菓子」など、ピザの具とは全く関係ないものをカゴに入れようとすると子供を黙らせながら、なんとか必要なものをそろえて早々にショッピングセンターを後にして帰宅。
 
家に帰ると、早速1つのボールに以下の材料(先ほどのCookpadのレシピ)を入れて妻がこねている間に、もう1つ別のボールに同じものを準備。

薄力粉 180g
砂糖 小さじ2
ひとつまみ
ベーキングパウダー 小さじ1・1/2
サラダ油 大さじ2
ぬるま湯 100cc

生地が出来上がると、少し薄めに円形に伸ばしたものを子供たちに渡して、自分の好きな具材(以下)を置いていくことにした。

  • ピーマン
  • ブラウンマッシュルーム
  • ソーセージ
  • サラミ
  • ベーコン
  • ブラウンマッシュルーム
  • するめイカ
  • サーモン

 
最後にチーズを多めにのせて、250℃に予熱したオーブンに入れて約15分で完成。
ピザ_01
 
見た目はデリバリーピザのメニュー写真とはかけ離れたものになったのだが、味は美味しかったようで子供たちにも好評だった。また、子供が自分ひとりで食べたいと言って作った小さなピザも含め、2回に分けて全部で10枚ほど焼いたのだが、みんながお腹いっぱい食べて何枚か余るほどだったので、量的にも十分だったようだ。
 

最後に

 
トマトなど家にあった具材も使ったのだが、スーパーで買ってきた材料は以下のとおり。

するめイカ 160円
サーモン 216円
ピザソース 198円
ブラウンマッシュルーム 198円
ピーマン 78円
ベーコン 284円
ドライイースト 178円
サラミ 379円
強力粉(1kg) 246円
チーズ(300g×2袋) 896円
合計 1937円

余った具材もいくつかあった中で、2000円弱で家族がお腹いっぱいピザを食べることができたので、外食やデリバリーでピザを食べるのと比較するとかなりお得だった。

 
スポンサーリンク





外灯採集について

夏休みの課題~昆虫採集

 
子供が夏休みの課題(自由研究)で昆虫採集をすることにしたから虫取りに行きたいと言ってきた。昔から、カブトムシの幼虫を祖父の畑から捕ってきては羽化させていたのだが、今度は自然にいるカブトムシを取りに行きたいので、夜、公園に連れて行って欲しいということだった。捕れなくてもぜったい怒らないこと・・・を条件に、子供たちとカブトムシを探しに行ってきたのでメモ。
 

下見

 
いきなり夜に出掛けていっても周りの様子がわからないので、明るいうちにいくつかの場所に下見をしておく方がよいだろうと、家の近くの神社や大きな森のある公園、家から少し離れた場所にあるパーキングエリア(一般道にある休憩所で近くに森がある)に行くことにした。
 
最初に神社へ行ったあと、公園にある車で入れる山道を登って、周辺を探索していると・・・車があっという間にアブに囲まれてしまっていた(少し調べてみると、血を吸う雌のアブは車の熱や排気ガス(二酸化炭素)を感知して寄ってくるようだ)。なんとかアブが車内に入らないように苦労しながら子供たちを車に乗せると、急いで次の場所へと向かうことにした。
 
最後に訪れたパーキングエリアには周りに森があるのだが、外灯の下などを見て回っていると何匹もカブトムシやクワガタムシの死骸が落ちていた。きっと夜にこの外灯に集まってくるのだろうということで、このパーキングエリアで外灯採集することにした。
 

外灯採集~1日目~

 
子供とパーキングエリアに訪れたのは8月初旬の20:00頃。外灯の周りにはコガネムシや羽虫、白い大きな蛾などが集まっているのだが、子供が目的としているカブトムシは見つけられなかった。子供と一緒に周りの道を歩いたりしながら、結局1時間くらいは探していたのだが、カブトムシが飛んでくるような様子はなかったので、この日は諦めて帰ることにした。
 

外灯採集~2日目~

 
2回目に訪れたのは同じく20:00頃だったが、夕方まで雨が降っていたせいかかなり蒸し暑く、前回いた羽虫や蛾などはそれほど集まっていなかった。今日もカブトムシは捕れないかも・・・と肩を落とした子供と外灯の下を歩いていると、突然「いた!」といって何かを持ってきた。見てみると小さなクワガタムシの雌だった。カブトムシではなかったが、それでも機嫌をよくした子供と歩いていると、今度はクワガタムシの雄を見つけてきた。

外灯採集_01

他にも、名前のわからないムシなども沢山見つけたものの、結局、子供の本命のカブトムシは見つからなかったのだが、クワガタムシを自分で見つけたことに満足している様子だったので、この日の昆虫採集は終わることにした。(下の写真はこのパーキングエリアで見つけたムシの1匹なのだが、図鑑などで調べてもなんという昆虫なのかよくわからなかった。子供も、クロカミキリだのゴミムシの一種だのと言っていたが、胸部・頭部の形や触覚の長さなどが同じような写真を見つけることができなかったようだ。。。)

外灯採集_02

祖父母の家のまわり

 
お盆に入り妻の実家に甥っ子たちも集まってきたので、夜、バーベキューに飽きてきた子供たちを連れて昆虫を探してみることにした。田舎で車の通りは少ないとは言っても今度は子供を6人も引き連れていたので、あまり暗いところにはいかず、近所にある小学校や中学校など歩道に外灯が設置されている比較的明るい場所をみんなで歩いてみることにした。
 
周りは比較的住宅が多かったのであまり期待していなかったのだが・・・ 小学校の周りを1周して、雌のカブトムシを3匹も見つけることができた。このままだと子供たちがカブトムシの取り合いをするので、少し離れたところにある中学校に行き、外灯が設置してある門の周りや自転車置き場に行ってみると、そこで5匹の雌のカブトムシを見つけることができた。
 
子供たちは「雌ばっかり・・・」と少し不満を漏らしていたものの、6人の子供たちが喧嘩することなく1人1匹ずつは自分のカブトムシを手にすることができたので、親としては満足である。
 

最後に

 
カブトムシの採集について調べてみると、やはり雄のカブトムシを捕まえるには6月~7月頃がいいようで、8月も後半になると産卵等のために活動している雌しか見つからないことが多いとのことだった。来年以降、また昆虫採集に行く機会があれば、今度はもっと早い時期に連れていってやろうと思う。
 
スポンサーリンク