外灯採集について

夏休みの課題~昆虫採集

 
子供が夏休みの課題(自由研究)で昆虫採集をすることにしたから虫取りに行きたいと言ってきた。昔から、カブトムシの幼虫を祖父の畑から捕ってきては羽化させていたのだが、今度は自然にいるカブトムシを取りに行きたいので、夜、公園に連れて行って欲しいということだった。捕れなくてもぜったい怒らないこと・・・を条件に、子供たちとカブトムシを探しに行ってきたのでメモ。
 

下見

 
いきなり夜に出掛けていっても周りの様子がわからないので、明るいうちにいくつかの場所に下見をしておく方がよいだろうと、家の近くの神社や大きな森のある公園、家から少し離れた場所にあるパーキングエリア(一般道にある休憩所で近くに森がある)に行くことにした。
 
最初に神社へ行ったあと、公園にある車で入れる山道を登って、周辺を探索していると・・・車があっという間にアブに囲まれてしまっていた(少し調べてみると、血を吸う雌のアブは車の熱や排気ガス(二酸化炭素)を感知して寄ってくるようだ)。なんとかアブが車内に入らないように苦労しながら子供たちを車に乗せると、急いで次の場所へと向かうことにした。
 
最後に訪れたパーキングエリアには周りに森があるのだが、外灯の下などを見て回っていると何匹もカブトムシやクワガタムシの死骸が落ちていた。きっと夜にこの外灯に集まってくるのだろうということで、このパーキングエリアで外灯採集することにした。
 

外灯採集~1日目~

 
子供とパーキングエリアに訪れたのは8月初旬の20:00頃。外灯の周りにはコガネムシや羽虫、白い大きな蛾などが集まっているのだが、子供が目的としているカブトムシは見つけられなかった。子供と一緒に周りの道を歩いたりしながら、結局1時間くらいは探していたのだが、カブトムシが飛んでくるような様子はなかったので、この日は諦めて帰ることにした。
 

外灯採集~2日目~

 
2回目に訪れたのは同じく20:00頃だったが、夕方まで雨が降っていたせいかかなり蒸し暑く、前回いた羽虫や蛾などはそれほど集まっていなかった。今日もカブトムシは捕れないかも・・・と肩を落とした子供と外灯の下を歩いていると、突然「いた!」といって何かを持ってきた。見てみると小さなクワガタムシの雌だった。カブトムシではなかったが、それでも機嫌をよくした子供と歩いていると、今度はクワガタムシの雄を見つけてきた。

外灯採集_01

他にも、名前のわからないムシなども沢山見つけたものの、結局、子供の本命のカブトムシは見つからなかったのだが、クワガタムシを自分で見つけたことに満足している様子だったので、この日の昆虫採集は終わることにした。(下の写真はこのパーキングエリアで見つけたムシの1匹なのだが、図鑑などで調べてもなんという昆虫なのかよくわからなかった。子供も、クロカミキリだのゴミムシの一種だのと言っていたが、胸部・頭部の形や触覚の長さなどが同じような写真を見つけることができなかったようだ。。。)

外灯採集_02

祖父母の家のまわり

 
お盆に入り妻の実家に甥っ子たちも集まってきたので、夜、バーベキューに飽きてきた子供たちを連れて昆虫を探してみることにした。田舎で車の通りは少ないとは言っても今度は子供を6人も引き連れていたので、あまり暗いところにはいかず、近所にある小学校や中学校など歩道に外灯が設置されている比較的明るい場所をみんなで歩いてみることにした。
 
周りは比較的住宅が多かったのであまり期待していなかったのだが・・・ 小学校の周りを1周して、雌のカブトムシを3匹も見つけることができた。このままだと子供たちがカブトムシの取り合いをするので、少し離れたところにある中学校に行き、外灯が設置してある門の周りや自転車置き場に行ってみると、そこで5匹の雌のカブトムシを見つけることができた。
 
子供たちは「雌ばっかり・・・」と少し不満を漏らしていたものの、6人の子供たちが喧嘩することなく1人1匹ずつは自分のカブトムシを手にすることができたので、親としては満足である。
 

最後に

 
カブトムシの採集について調べてみると、やはり雄のカブトムシを捕まえるには6月~7月頃がいいようで、8月も後半になると産卵等のために活動している雌しか見つからないことが多いとのことだった。来年以降、また昆虫採集に行く機会があれば、今度はもっと早い時期に連れていってやろうと思う。
 
スポンサーリンク





廊下の壁の塗装について

廊下の壁

 
以前「壁の汚れと掃除について」の中でリビングの壁の塗装についてメモしたのだが、今回は壁の汚れが目立つ廊下についても塗装してみることにした。
 

廊下の壁の汚れとペンキの購入

 
リビングと同様、汚れが目立つのはやはり照明スイッチより下の部分なのだが、ところどころ上の方まで黒ずんでいる場所があった。おそらく、壁に挟まれている廊下は好奇心をそそるのか、子供たちが両手両足を突っ張って登っていたのが原因だろうと思う(気持ちは分からなくはないのだが・・・)。ひどいところは壁紙が剥がれかかっていたりするので、パっと見て汚い印象を与えてしまっていた。。。少し破れているようなところは部分的に壁紙を張り直し、さっそく汚れを落とすことはあきらめて塗装のためにペンキを購入することにした。
 
以前使用したペンキは(自分としては)非常に使い勝手がよく、また出来上がりも満足だったこともあり同じものを購入することにした(楽天市場での「イマジンウォールペイント」の検索結果)。色はリビングと少し系統を変えて「ブルーラグーン」という薄い水色にした(本当はもっと濃い色が好みだったりするのだが、またすぐに汚くなるのだろうな・・・という思いもあり、薄め?の色にしておけば何年か後に重ね塗りもできるのかなと思っていたりする)。
 

塗装

 
全面塗装は大変なので汚れのひどい部分のみを塗装することにして、まずは、塗装しない部分(壁の上半分やスイッチ周り)をマスキングをした。塗装は2回目なのでマスキングも大分馴れてきた。
 
マスキングが終わると、下にビニールを敷いてさっそくペンキをローラーで塗り始める。片面を一度塗り終えると反対側の壁を塗り始めながら少し乾燥させて、もう一度最初の壁を二度塗りすることにした。塗装に関しては特に問題はなかったのだが、リビングと違って一番苦労したのは、廊下の両壁を塗っているので間違っても背中やお尻が壁った直後の壁に当たらないように注意することだった。
 
ペンキが完全に乾いた後でマスキングを剥がすとところどころマスキングテープと一緒にペンキも剥がれてしまうので、二度塗りが終わるとしばらくしてマスキングも外してしまい、あとは乾燥させるのみ。午後~夕方まで作業していたのだが、夜にはすっかり乾燥しており、(塗装前がひどかったこともあり)非常にきれいに仕上がったと満足している。
 
廊下塗装_01
 
廊下塗装_02
 

最後に

 
壁の一面を塗り終えてリビングで少し休憩をしていると・・・深刻な顔で子供が入ってきた。ふと見ると、手のひらが水色に染まっている。。。怒られると思ったのか、今にも泣きだしそうにしょんぼりしている様子に思わず苦笑しながら、今回は無罪放免とすることにした。
 
スポンサーリンク





長寿の祝いについて

長寿の節目

先日、父親が古希を迎えた。もう自分の親も70になったのかと思うと、いつの間にそんなに月日が流れていたのかと少し驚いてしまう。ここでは、長寿の節目についてメモ。
 

節目の年齢について

 
長寿の祝いの節目と色について

  • 還暦:61歳(満60歳) / 赤
  • 古希(古稀):70歳 / 紫
  • 喜寿:77歳 / 紫
  • 傘寿:80歳 / 黄(金茶)
  • 卒寿:90歳 / 紫
  • 白寿:99歳 / 白
  • 紀寿(百寿):100歳 / 白

 
古希についてWikipediaには、『唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)に、「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)に由来』するとある。
 
1000年以上前の唐の時代で70歳まで健康でいることは「稀」なことだったのだろうと思うが、自分の祖父母も長生きだった(祖母は紀寿を迎えていた)ことを考えると、今の時代には当時ほど「稀」なことではないのかもしれない。両親にはいつまでも元気でいて欲しいと思う。
 
せっかくなのでお祝いのプレゼントには古希の祝いの色の「紫」にちなんだ花でも・・と考えたのだが、父の日にも花を贈ったばかりだったので、ふと思いついた紫色のたぬきの置物をプレゼントすることにした(楽天市場での「たぬき 紫」の検索結果)。
 
もう少しちゃんと考えて選べば良かったかとも思ったのだが父親は喜んでくれているようで、携帯にも写真を送ってきてくれた。なかなか愛嬌のある顔のたぬきで、自分の家にも1つ置こうかなと少し考えている。。
 
raccoon_01
 
スポンサーリンク





トイレの黒ずみの掃除について

トイレの黒ずみ

 
あるとき、トイレの便器の水がたまる部分の淵にうっすらと黒い線がついているのを見つけた。特に目立つわけではないのだが、一度気が付くとどうしても掃除したくなったので、落とし方についてメモ。
 

黒ずみの落とし方

 
トイレにおいてある洗剤とブラシで擦ってみたのだが全く落ちる気配がなかったので、水を少し抜いて水面を下げて、本格的に掃除することにした。家にあった洗剤等を片っ端から試してみたのだが、結局、汚れを削り落とすことにした。
 
使用したのは、(以前、IHのガラストップ面の掃除 で使った) 銅たわし。これで擦っていくと、黒ずみを落とすことができた。
 
モース硬度も陶器≒ガラスなので、銅たわしで磨いても(銅[約3]<陶器[約5])、特に便器に傷がつくこともなく汚れが落ちたので満足である。
 
スポンサーリンク





九州地方について

九州地方

 
先日、隣接県の分かる概要地図を描いたのだが、八地方区分のうち、九州地方についてメモ。
 

県庁所在地・面積・人口

 
outline-map_08
 
面積は国土交通省 国土地理院の平成27年全国都道府県市区町村別面積調から、人口は総務省統計局の人口推計(2014年)を参照し、1km2あたりの人口密度を推算。

都道府県 県庁所在地 面積[km2] 人口[千人] 人口密度
[人/km2]
福岡県 福岡 4986.4 5091 1021
佐賀県 佐賀 2440.68 835 342
長崎県 長崎 4132.09 1386 335
熊本県 熊本 7409.35 1794 242
大分県 大分 6340.71 1171 185
宮崎県 宮崎 7735.31 1114 144
鹿児島県 鹿児島 9186.94 1668 182
沖縄県 那覇 2281.12 1421 623

 

その他

 
もともとは子供の暗記?用にまとめていたので、確認用の白地図(参考:フリー素材集)。
japan-map_08

 
スポンサーリンク