インターネットが不安定な時の対応について(Ubuntu)

インターネットが不安定な時の対応について

 
Ubuntuを使っていると、ときどきインターネットが繋がらなくなることが多々あった。調べて見るとIPv6を無効にすると改善するらしいことが分かったので、その方法についてメモ。

ネットワーク環境の確認とIPv6の無効化

 
ターミナルからネットワーク環境を確認。

$ ifconfig

 

“inet6″が表示されているので、/etc/sysctl.conf に以下を追加。

$ net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
$ net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

 

設定の反映と確認

以下にて設定を反映。

$ sudo sysctl -p

 

再度、ifconfig にて”inet6″が表示されないこと(IPv6の無効化)を確認した。

その後

これまでPCをWindowsからUbuntuに切り替えてしばらくすると、家族から無線LANが繋がらなくなったと言われることが多く、その度にルーターや無線LANの親機を再起動したりしていたのだが、IPv6を無効化してからは、突然インターネット接続が切断されるようなことはなくなった。

 
 
スポンサーリンク





デュアルモニタの設定(Ubuntu)

デュアルモニタの設定

 
Ubuntuをインストール後、デュアルモニタの設定方法(ドライバのインストール)についてメモ(2017年11月12日更新)。

ドライバ(nvidia)のインストール

 
使用しているグラフィックボード(GeForce GTX 1060)のドライバを下記にてインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nvidia-375

再起動後、ターミナルからグラフィックボードの使用状況を確認。

$ nvidia-smi

無事デュアルモニタが認識された。

 
 
スポンサーリンク





フォルダ名の英語表記について(Ubuntu)

フォルダ名称の英語表記

 
ディレクトリ名が日本語表記だと色々と不便なので英語表記にする方法についてメモ。

ホームディレクトリ内のフォルダ名の変更方法

 
ターミナル(デスクトップを右クリックして「端末を開く」)から、以下のコマンドを入力。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ホームを開くと以下のように表示される。

 

日本語フォルダ名への戻し方

 
~/.local/user-dirs.locale を作成し、「ja_JP」と記載しておき、ターミナルから以下を実行。

xdg-user-dirs-update –force

ホームディレクトリに、再度日本語フォルダが作成(表示)される。

その他

 
「デスクトップ」等にファイルがあると日本語フォルダも残ってしまうので、その場合はファイルを移動して手動削除している。
 
 
スポンサーリンク





Ubuntuのインストールについて

Ubuntuのインストール

 
物置にしまってあった、買い換えて使用しなくなった120GのSSDをみつけたので、久々にUbuntuをインストールしたときのメモ。[2017/10/7更新]

Universal USB Installer

 
PCの電源を落としてSSDを繋ぎWindowsを再起動。無事にSSDが認識されたので、次にUSBからUbuntuをインストールする。まずは、ここ(Ubuntu 日本語 Remix イメージ)からUbuntuの日本語版イメージをダウンロード。次に、フリーソフトの”Universal USB Installer“を使用してUSBインストーラーを作成。


 

インストール

作成したUSBインストーラーからPCを起動するとUbuntuのインストーラーが立ち上がるので、画面の指示に従いインストール。今回はSWAPに4GBを当てて残りはすべて「/」とし、ブートローダーもUbuntuをインストールしたSSDに入れることにした。
 

起動

 
USBを取り外してインストールしたSSDから起動すると、特に問題もなくUbuntuが立ち上がった。
 
存在をすっかり忘れていたSSDを使ってみようとLinuxを入れてみただけだったが、起動して操作していると色々と面白くなってきたので、もう少し使ってみようと思う。
 

 
スポンサーリンク





游書体について

游書体

 
自分は知らなかったのだが、Windwos8.1以降、標準で搭載されている游書体について、Windows7でも利用可能なフォントパックが公開されていたのでメモ。
 

ダウンロードとインストール

 
游書体のフォントパックは、こちらからダウンロードできる。自分はまだWindows7を利用していて、これまで使ってきた「メイリオ」にも特に不満はなかったのだが、今回、試しにインストールしてみることにした。
 
さっそく、「メイリオ」と「游ゴシック」を比較してみる。
 
yu-font_01
 
游ゴシックには「細字」「標準」「中」「太字」(「中」はWindows10以降)とあるが、上図は「標準」である(font-familyなどで「游ゴシック」を指定するとWindowsでは「細字」で表示されるようで少し見づらい)。
 
自分の見た目からの印象としては、メイリオの方が少し硬い感じがする。文書の種類によっては、游ゴシックの方がすっきりとした印象を受けるかもしれないと思った。
 
游ゴシックを使用することのメリットの一つには、Windows/Macの両方に標準で搭載されているのである程度の汎用性があるということだと思う。一方で、游ゴシックのブラウザ上での見え方については先に挙げた「細字」になってしまう問題があり、font-familyにてfont-weightを指定する必要があるなど、ちょっとしたクセもあるようだ。
 

メイリオとの違いなど

 
メイリオは文字の領域を比較的大きく使って表示されるのに対し、游ゴシックは、意図的に領域分を広く使おうとしないので、どちらかというと手書きのようなすっきりとした線になっていると思う。たとえば、「お」の丸みの部分や「て」の水平部分を見ても、メイリオは拡がるような丸みや横線が水平になっているが、游ゴシックは余計な丸みはなく、横線も少し右斜め上のラインとなっている。そのため、少し空間が広くとられるので「すっきり」しているという印象を受けるのだろう。
 
どちらも「見易さ」の性質が違うのでどちらが良いというのは言えない気がするのだが、記事や説明文などでは文字が大きく読みやすい「メイリオ」、招待文やどちらかというと柔らかい印象を与えたい場合などはすっきりとした「游ゴシック」・・・など、使い分けの幅ができたのはよいことだと思った。
 
スポンサーリンク